通信教育サイト「ユーキャン」の評判は?特徴に合わせてメリット・デメリットを徹底解説!

通信教育サイト「ユーキャン」の評判は?特徴に合わせてメリット・デメリットを徹底解説!

通信教育サイト「ユーキャン」は、資格が取れる通信講座としてテレビCMやWEB広告で紹介されているのを見たこともある人が多いのではないでしょうか。
実際に、仕事のスキルアップや一から新しいことに挑戦したい人が多く利用している通信教育サイトとして注目されています。
この記事では、通信教育サイト「ユーキャン」の基本的概要とメリット・デメリットを徹底解説します。

通信教育サイト
「ユーキャン」の
基本概要と特徴

通信教育サイト「ユーキャン」は、1954年に渋谷区で設立された人形製作の専門学校「東京人形学院」が通信講座にも取り組むようになり、誕生しました。

2002年に通信教育サイト「ユーキャン」が本格的にサービス開始され、今では業界トップクラスの知名度を誇っているのが特徴です。

「ユーキャン」の
基本的概要

通信教育サイト「ユーキャン」の基本的情報を見ていきましょう。

【ユーキャンの基本情報】

対象者 不問
目的 ●      スキルアップ

●      キャリア

●      趣味

●      娯楽

科目 多ジャンル150種類〜
授業形式 ●      テキスト

●      eラーニング

●      webテスト

●      動画講義

月額料金 科目によって異なる
無料トライアル あり※

※無料の資料請求や不定期で提供される受講お試しキャンペーンなど

「ユーキャン」の特徴

通信教育サイト「ユーキャン」の特徴を見てみましょう。

【ユーキャンの特徴】

講座選択 公式サイトでは、「診断やランキングから選ぶ」「全一覧から講座を選ぶ」の2種類から受講する講座を選ぶことができます。新しいことを始めたいけど、何をしたいかわからないと言う人は、ぴったりな講座を見つけられる前者。気になる講座が既に決まっている人は、後者から選択しましょう。
人気講座TOP5
  1. 医療事務
  2. 調剤薬局事務
  3. 食生活アドバイザー(R)
  4. ファイナンシャルプランナー(FP)
  5. 登録販売者
教材セット 学びたいものによっては、教材以外にも専用の材料や道具が必要な場合があります。教材があってもそのほかのものを自分で用意するのは大変です。その点、ユーキャンでは、教材と一緒に学びに必要な道具やキットなどをまとめて配送してくれます。(例:アロマテラピー検定では精油やアロマグッズ、ネイリストではプロ仕様のネイルグッズなど)
質問回答サービス 勉強を進めていく中で分からないことがあれば、メールや質問用紙を使って、質問をすることができます。この機能を利用したユーザーからは、「丁寧な回答をもらえた」と好評です。教材だけでは理解できないことも、別の言葉に言い換えてもらえれば理解度アップが期待できます。
講座の数が多い 2021年の時点で150種類以上の講座が用意されています。同じジャンルでも細分化されているので、より専門的な知識を得たい人にピッタリです。(例:IT・パソコン講座の場合、「パソコン入門」「マイクロソフトオフィススペシャリスト」「ITパスポート」「WEBライター」など)

通信教育サイト
「ユーキャン」の
メリット

通信教育サイト「ユーキャン」のメリットを見ていきましょう。

確実に知識が身につく

通信教育サイト「ユーキャン」は、長い歴史と実績を持っていて、受講生になると独自に開発を続けているオリジナル教材を使うことができます。

実際に、受講生の多くが通信教育サイト「ユーキャン」で学習をして資格や試験の合格を勝ち取っているのです。

すでにある程度の知識がある人はもちろん、知識ゼロからでも始められるような内容になっていて、文字以外にイラストや図表がたくさん載っているのでとにかく分かりやすい説明がついています。

通信教育サイトでの独学では、どうしても自分の時間確保が難しい場合もあるでしょう。

その点、通信教育サイト「ユーキャン」であれば、自分の都合に合わせて予定を組めるスケジュール管理機能がついているので、安心です。

さらに、学びと演習をする中で弱点を克服するための添削指導や、スマホなどのデバイスでも講義動画やミニテストが受けられるWEB学習(eラーニング)などもたくさんあります。

社会人として仕事をしながらでも確実に知識を身につけられるような環境が整っています。

質問や添削などで
フィードバックがもらえる

通信教育サイトは、安価な分、教材やeラーニングを黙々とやる仕様のものが多いです。

ただ、監視がなく能動的にやるだけの通信教育サイトでは、どうしても後回しにしてしまったり、続けるのが難しかったりします。

その点、通信教育サイト「ユーキャン」では、「質問」「添削」「模試」など、フィードバックがもらえる機能が豊富です。

実際にスタッフとやり取りができるのは、講座によって異なりますが、基本的に添削は月に1回ほどのペースであり、模試は講座の最後に行う場合が多いです。

さらに、「添削」に関しては、フィードバックを踏まえて再提出することができます。

つまり、納得がいくまでやり取りができる環境が整っているので、客観的に自分の回答が良いか悪いかを判断してもらえるので知識を構築しやすくなるのです。

繰り返し問題を解いていくことも大切ですが、一度間違えて添削してもらうことで、より記憶に残りやすくなるので、添削制度を有効活用しましょう。

また、随時メールにて「質問」を受け付けているので、テキストの解説だけでは不十分だと言うときは、質問することも可能です。

このように、「質問」「添削」「模試」の制度を有効活用することで、理解しやすく、継続しやすい環境に身を置くことができます。

在宅受験が
できる講座がある

通信教育サイト「ユーキャン」は、完全オンラインで受講ができて、資格を取るための受験もオンラインで済ませることができるものがたくさんあります。

試験日は決まっているものの、いつ受けるかの時間は自由に決められるので、リモートワークや家庭の状況に合わせて、隙間時間にサクッと受験できるのが魅力です。

また、講座によってはテキストを見ながら受験ができるものもあるので、余裕を持って試験に挑むことができるでしょう。

通常、何かの試験は数ヶ月前から受験日程と時間が固定で決まっています。

そのため、予定を立てるのが難しい人でも、通信教育サイト「ユーキャン」なら自宅で受験できるので、会場まで行く時間も省けて、受験に対するハードルが下がります。

通信教育サイト
「ユーキャン」の
デメリット

通信教育サイト「ユーキャン」のデメリットを見ていきましょう。

添削が面倒に
感じる場合がある

通信教育サイト「ユーキャン」は、単元ごとの演習に対して、専門のスタッフからの添削としてフィードバックを受けることができます。

しかし、この添削課題というのは、受講者が郵送する必要があるのです。

切手代がかかったり、添削課題の提出期限が決まっていたりするので、前もってスケジュール管理をしっかりとしないといけません。

教育訓練給付制度などを利用している場合、この添削課題をすっぽかしてしまうと、給付対象外になってしまう場合があります。

ある程度余裕を持って課題をして、郵送することを徹底しましょう。

動画講義の評判が
あまり良くない

通信教育サイト「ユーキャン」は、長い歴史と圧倒的な実績を誇っているのですが、近年多くある通信教育サイトと比較すると「動画講義」があまり充実していません。

テキストがメインのため、動画講義はあくまで補助的なものが提供されています。

動画を見ながら勉強をしたい人には、物足りなく感じてしまう可能性があるので注意が必要です。

まとめ

この記事では、通信教育サイト「ユーキャン」のサービスについて詳しく解説しました。

社会人向けに趣味を極めたり、ステップアップ・キャリアアップのために、新しい分野の勉強をしたい人に適している通信教育サイトであることが分かりました。

圧倒的な知名度を誇る他、長い歴史と多くの実績も安心要素になりますよね。

無料の資料請求などができるので、気になる方は、ぜひ利用してみてください。

おすすめの記事