通信教育サイト「通信教育のZ会」の評判は?特徴に合わせてメリット・デメリットを徹底解説!

通信教育サイト「通信教育のZ会」の評判は?特徴に合わせてメリット・デメリットを徹底解説!

「通信教育のZ会」は、幼児から大学受験生までを対象にした通信教育サイトです。
学校の授業の予習や理解度を深めるという内容よりは、難関学校への受験対策を目的とした内容で、難易度が難しくなっています。
この記事では、通信教育サイト「通信教育のZ会」の異本的概要とメリット・デメリットを徹底解説します。

通信教育サイト
「通信教育のZ会」の
基本概要と特徴

難関学校の合格者を多く輩出していて、全国の合格実績も非常に高い通信教育サイト「通信教育のZ会」では、レベルの高い講座を受けることができます。

受験において大事な「傾向と対策」をしっかりとした演習問題などで実践にも力を入れていて、全国的な知名度も高いです。

「通信教育のZ会」の
基本的概要

通信教育サイト「通信教育のZ会」の基本情報を見ていきましょう。

【通信教育のZ会の基本情報】

対象者 ●      幼児

●      小学生

●      中学生

●      高校・高卒生

目的 ●      ハイレベルな学習

●      受験対策

科目 ●      国語

●      算数・数学

●      理科

●      社会

●      英語

●      プログラミング など

月額料金 1,870円〜
無料トライアル あり※

※資料請求で学年別のお試し教材がついてくる

「通信教育のZ会」の
特徴

通信教育サイト「通信教育のZ会」の特徴を見ていきましょう。

【通信教育のZ会の特徴】

目的別のコース選択 各学年ごとに細分化された豊富なコースの用意があります。そのため、基礎〜応用まで受講生の学習レベルに合った講座を受講可能です。さらに、プログラミングや英会話などの特殊科目も網羅しているので、受講生それぞれに適したペーストレベルを選択できます。
添削指導 受講生に対してひとりの担任指導者がつき、学年末まで責任を持って担当してくれます。年間を通じて受講生の弱みや苦手を理解し、相談などにも乗りながら、学力向上をサポートしてくれるのです。添削を通して、受講生のやる気向上も期待できます。
オリジナル教材 基礎・応用・発展の3つのレベルを段階的に踏む構成で、しっかりと理解をしながら継続して学業に励めるように工夫されています。ただ、正解するだけでなく、考え方や知識として身につくように研究されたオリジナル教材を使うことができます。
難関大学合格の実績 難関学校合格者を出す通信教育サイトということで、実際に、東京大学1,316人、京都大学979人など、難関大学の合格者を多数出しています。そのほかにも、公式サイトで受講生がどこに合格しているかを見ることができます。

通信教育サイト
「通信教育のZ会」の
メリット

通信教育サイト「通信教育のZ会」のメリットを見ていきましょう。

月額料金が安い

通信教育サイト「通信教育のZ会」では、幼児から社会人までを対象とした学習講座を用意しているのですが、1,870円から5,000円ほどの月額料金で講座を受けることができます。

数ある学業向けの通信教育サイトと比較しても安価な価格設定がされているほか、一般的に予備校の授業料が約5万円と言われているので、対面講座を受けるより10分の1ほどで受講可能です。

教材や担当指導者などのサポートがしっかりとついているので、予備校などの費用をできるだけ抑えたいと考えている家庭では、Z会の自宅学習を検討してみるのもいいでしょう。

通信教育サイト「通信教育のZ会」では、入会費は一切かかりません。

12か月一括払いの場合は、毎月の支払い15%OFF、6か月一括払いの場合は、毎月の支払い5%OFFとさらにお得になります。

一括払いを選択して途中退会する場合は、受講月数に合わせて残金を精算して返金してくれるので、安心です。

担当指導者から
手厚いサポートを受けられる

通信教育サイトの多くは、演習ができることがほとんどですが、多くがeラーニング式でインターネットで採点してくれるタイプになっています。

その点、通信教育サイト「通信教育のZ会」では、年度末まで同じ担当指導員がつき、課題の添削をしてくれます。

同じ指導者が担当することで、受講生の苦手や着眼点を把握してくれるので、英語の長文問題のニュアンスの違いや、複雑な数学の問題なども、理解できるよう説明をしてくれるのです。

難しい問題は、解説を読んだだけでは理解できないことも多くあります。

難関学校を目指す受講生などは、必要に応じて解説をしてくれる指導者がいると心強いでしょう。

成績表で
自分のレベルを客観的に把握できる

通信教育サイト「通信教育のZ会」では、毎月成績表が配布されます。

毎月配布される成績表では、前の月に学んだ単元の理解度や演習問題の正答率、得意・不得意の箇所を客観的に分析してくれるのです。

自宅学習をしていると、感覚的にしか把握できない部分も、成績表を見ることで、自分に必要な勉強箇所を的確に把握できるので、無駄を省くことができます。

成績が下がった時は、焦りを感じ、成績が上がった時は、喜びを感じられるなど、モチベーションアップにも効果的です。

受験対策として通信教育サイト「通信教育のZ会」の利用を考えている場合、過大評価してしまうと、受験で全滅してしまうなんてこともあり得ます。

そのため、客観的に自分の実力を知ることができる成績表は、受験対策にも有効です。

通信教育サイト
「通信教育のZ会」の
デメリット

通信教育サイト「通信教育のZ会」のデメリットを見ていきましょう。

学習内容の難易度が高い

通信教育サイト「通信教育のZ会」は、難関学校の受験対策をメインとしているため、講座内容の難易度が比較的高めに設定されています。

そのため、「授業についていけないから家庭学習を増やす」といった基礎をメインで学習したい受講生には、レベルが合わない可能性があります。

一般的なレベルの学校を受験する場合、応用問題や発展問題を解くより、基礎問題でどれだけミスなく解答するかが大切です。

そのため、応用問題や発展問題に時間をかけるのはもったいなかったりもするのです。

受験対策として通信教育サイト「通信教育のZ会」を利用する場合、志望校のレベルを把握しましょう。

通信教育サイト「通信教育のZ会」の大学受験は、MARCH・関関同立レベル以上を志望する人が適していると言われています。

滑り止め対策が弱い

通信教育サイト「通信教育のZ会」で受験対策を検討する場合、第一志望の対策はできても、滑り止めの受験対策が十分にできない可能性があります。

通信教育サイト「通信教育のZ会」の大学受験講座では、「東大コース」「京大コース」「早慶コース」など志望校別に講座のコースが分けられます。

そのため、大学の出題傾向などを抑えた対策ができるのですが、滑り止めのコースを選択できないので、第二志望以降の受験対策は、どうしても弱くなってしまうのです。

滑り止めを確保しておくことで、第一志望に向けての受験も肩の荷をおろして集中できるので、ある程度の対策を個別にする必要があります。

まとめ

この記事では、通信教育サイト「通信教育のZ会」のサービスについて詳しく解説しました。

難関学校への受験対策に適している通信教育サイト「通信教育のZ会」は、ワンランク上の応用問題・発展問題をバリバリ解きながら、専属の指導者からフィードバックがもらえます。

資料請求をすると無料で教材の一部を試せたりするので、気になる方は、ぜひ利用してみてください。

 

おすすめの記事